ワンセグのアンテナ

スポンサードリンク

どこでもテレビが見られる便利なワンセグ放送ですが、室内などでは受信感度が悪く、
意外とよく見えないこともあります。
では、どうしたら電波状況を改善し、クリアな映像を楽しめるでしょうか。
比較的窓際では受信しやすいですが、部屋の奥まで入ると映らなくなるということもあるでしょう。
そうして受信感度の良い位置を探すために、部屋の中をうろついた経験はないでしょうか。
よく電波の入りを少しでも良くするために、本体を高く上に掲げることがありますが、
ことワンセグにおいては、その行動には意味がありません。

ワンセグの外部アンテナ

ワンセグは地上デジタル放送の一部ですので、電波も地デジの一部として発信されています。
地デジが使用している電波の周波数帯はUHFと呼ばれています。
UHF電波は、アンテナ位置が高ければ受信し易いということはなく、
直進するUHF電波の通り道にアンテナがあるかどうかという一点においてのみ受信感度に影響してきます。
つまり、ベストポジションが高い位置にあるとは限らないというわけですね。
逆に言えば、高く掲げたことでワンセグの映りが良くなったら、たまたまそこが電波の通り道だったというだけの話です。
まずはこれを念頭に置いておきましょう。

ワンセグ携帯用のアンテナ

さて次に考えるべきはアンテナ自体の性能です。
極超短波のUHF電波は、アンテナを小型化することができます。
そのため携帯機器でのワンセグ受信を可能にしたのですが、その携帯機器に問題があるのです。
その手軽さから、携帯電話、ミュージックプレイヤー、電子辞書など様々なワンセグを標準的に装備し始めました。
この標準というのが厄介で、その機器は本来、ワンセグ放送を視聴することを目的に購入するものではありません。
あくまで、他製品との比較された際のセールスポイントとして存在する、付加価値なのです。
であるからには、アンテナなどの性能もまあそこそこ、ということになります。
もちろん、すべての製品がそうではありませんし、東芝のミュージックプレイヤー『ギガビート』のワンセグ対応機のように、
独特の内部技術で映像の画質向上を可能にした機器も存在します。
ただ、標準のアンテナはそういう傾向である、ということを知っておきましょう。

ワンセグのアンテナを自作する

アンテナの性能が受信感度に大きな影響を持つということは、
性能を良くすれば電波状況を改善できるということでもあります。
機器によってはオプションで高性能アンテナが発売されている場合もありますし、
汎用で高性能アンテナや、電波のブースターアンプも販売されています。
ワンセグ放送をよりクリアに視聴したいのなら、こういったものを購入して使用してみるのも選択の1つです。
もっと大胆に、ワンセグのアンテナを自作してしまうこともできます。
アルミホイルや銅線などで意外と簡単に作れてしまいますので、
インターネットで調べると作り方はたくさん見つかります。
これであれば安価ですし、一度試してみると良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

ワンセグの室内アンテナなどについて

ワンセグ用のアンテナを室内や外部に取り付けるのはどうしたらいいのでしょうか?ワンセグの携帯用などのアンテナなら自作できますよ。ご興味のある方はご参考にしてみてください。