ピュアウォーター

スポンサードリンク

水道水がおいしい地域にお住まいの方はラッキーです。
水道水の味は、配水する自治体ごとにまったく違いますので、隣合った市区町村でも違ったりすることはザラです。
水の味を決定するのは、溶け込んでいる成分です。
それは採水地によっても変わりますし、飲用に加工するための処理の方法も自治体によって違いますので、
そこでまた違いが生まれます。
有名な話としては都会の水、特に昔から言われている東京の水はまずいというものがあります。
現在はひと昔前までほどひどくはありませんが、とりわけおいしいというわけでもありません。

日本ピュアウォーター

日本は古くから水道の整備がとても行き届いています。
江戸の街の井戸だって、あれは地下水をくみ上げているわけではなく、
上水道の水を引いてそこに貯めていたんですから、水道の歴史は相当なものです。
先人の英知にあやかり、現代は蛇口をひねれば水が出る。これは本当にありがたいことですね。
しかしまあ、それはそれ、これはこれ。現在の水道水に不満を感じている方も意外といらっしゃるようです。
味、安全性などがそれです。
そういう方は浄水器を取り付けたり、ミネラルウォーターを購入したり、水道水をそのまま口にしないことが多いようです。
そんな選択肢の1つとして、ピュアウォーターというものが存在します。
日本ピュアウォーターはそんなメーカーの一つです。

ダイオーズのピュアウォーター

ピュアウォーターというのは水を徹底的にろ過することで、文字通りピュアな、不純物を非常に少なくしている水です。
RO装置(逆浸透膜装置)を通すことで、不純物がなくなくなります。
菌・ウイルスや環境ホルモンなどの有害物質はもちろん、水道水のようなカルキもなく、安全・安心をウリとしています。
また、ミネラル分もほぼ含まれませんので、赤ちゃんの粉ミルクを作る際のミネラルバランスを崩す心配もないと
謳っている業者もあります。
このピュアウォーターはボトルで宅配販売をしているところが多く、空き容器も無料で回収してもらえるのでゴミは出ず、
さらにほとんどは宅配料金は無料としています。
使用はウォーターサーバーという機械を設置することで始まり、そこに水が入った専用のボトルを差し込むことで
水が出せるようになります。
便利なことに、ほとんどのサーバーはコックをひねるだけで冷水と80℃以上の湯が出せるようになっています。
実際に導入している知人宅で使わせてもらいましたが、大層便利なものでした。
冷蔵庫に水を入れておくスペースが必要なく、電熱ポットのようなものも必要なくなるのが嬉しいポイントだと思います。

ぴゅあ ウォーター 水

また、これらはピュアウォーターという商品名で販売している業者もあれば、そうでない業者もあります。
ウォーターサーバーは購入とレンタルの2種類がありますが、購入の場合は20万円前後くらいしますので、
なかなか手を出しづらい部分がありますが、レンタルであれば月額600〜1000円くらいが相場です。
安いところでは年間1万円しませんので、機材導入の費用としては安いのではないでしょうか。
水自体の価格はこれもまた業者によって変わりますが、1リットルあたり80〜100円くらいが相場のようです。
ミネラルウォーターとどっこいか、若干高いくらいでしょうか。
水がなくなる度に店に買いに行って持ち帰る労力や、ウォーターサーバーの利便性を考えれば充分にお得だと思います。

スポンサードリンク

ぴゅあウォーターと呼ばれるものについて

ピュアウォーターとは、その名のとおり、RO装置を通った不純物のない水のことを言います。ピュアウォーターの有名なメーカーとしては日本ピュアウォーター、ダイオーズなどがあります。ご興味のある方は、ご参考にしてみてください。