パスモのオートチャージはクレジットカードで

スポンサードリンク

使っていて便利なパスモですが、チャージ金額が減ってくればチャージしなくてはならず、
思っていたより残額が減っていることで、改札を通ろうとしてバーが閉まってしまうこともあります。
そういった煩わしさを解消するのがオートチャージサービスです。
Sicaの方ではviewSuicaなどのように残額が一定額以下になるとクレジットカードでオートチャージするタイプがありますが、
パスモでも同様のサービスが受けられます。

パスモのオートチャージ

標準では、残額が2000円を切ったときに自動改札をパスモで通過すると、3000円がオートチャージされます。
このオートチャージが実行される残額と、その際にチャージされる金額を1000円単位で自由に決めることもできます。
紛失などのセキュリティ対策として、1日にチャージできる最大金額が2万円に設定されています。
もし悪意ある人に拾得されて、使用→オートチャージを繰り返されたとしても、1日であれば被害はその時点の残額+2万円で
食い止めることができますので、最悪の事態に備えたフェールセーフもしっかり考えられています。

パスモのオートチャージ JCB

パスモでは複数のクレジットカードから決済カードが選べます。
特に交通事業者系のカードを既にお持ちの場合は、手続きも簡単です。
新規申し込みであれば、JCBカードなどにパスモの機能を持たせた一体型クレジットカードを作ることもできます。
通常、電車を利用してもポイントやキャッシュバックなどはありませんが、
鉄道料金の支払いにクレジットカードを用いることで、クレジットカード会社からの特典を受けることができます。

パスモのオートチャージ 東急

鉄道事業系のカードでは、その路線に乗車することでポイントが付与されます。多くはオートチャージ額の0.5%程度です。
貯まったポイントはまたチャージして運賃にするのが主流ですが、カードによってはJALマイレージと交換できたり、
グループ店(東急TOPカードでは、東急百貨店や東急ハンズなど)での買い物に使用することができます。
家電量販店などのポイントサービスと比べれば還元率は良いとは言えませんが、何の還元もなかった交通費にポイントが
付与されるのであれば、馬鹿にできたものではありません。積もれば何とやら、意外と便利です。
最近は、高速道路のETCでもマイレージが導入されたりと、ポイントサービスで物価上昇に対抗していくのが市場傾向です。
利用できるものは、とことん利用しましょう。

スポンサードリンク

パスモのオートチャージで定期カードを

パスモのオートチャージは便利なシステムです。その申し込みはJCBなどのクレジットカードからできるそうです。それを利用すれば、ポイントも貯まり、東急などのグループ店で利用できるので便利だと思います。ご興味のある方はご参考にしてみてください。