小じわ

スポンサードリンク

顔に現れる小じわは老化が目に見える嫌なものです。
特に女性が気を遣うところなので、アンチエイジングという言葉と共に聞く機会は多いと思われます。
小じわ対策はアンチエイジングの本丸とも呼ぶべきもので、その注目度からもわかる通り、
小じわがなければ若々しい外見を保つことができると言っても過言ではありません。
小じわが大じわになる前に、早期に手を打つことが重要です。

小じわ対策

小じわができる原因はいろいろありますが、最大のものは紫外線と言われています。
紫外線がしわを作るわけではなく、紫外線によって肌にダメージを負うと、しわが出来やすくなるという理屈です。
紫外線はコラーゲンを破壊します。コラーゲンが壊れ、肌の張りや柔軟性を失うと、表情の変化などで顔の皮膚に
癖がつきはじめます。これが小じわになってしまうのです。
さらに、紫外線を浴びればメラニン色素も作られてしまいますから、踏んだり蹴ったりです。
紫外線対策は小じわ対策でも重要な位置にあると言えるでしょう。

小じわ予防

UVカットの化粧水、帽子、日傘などいろいろと考えられますが、
日傘は是非とも黒色でレースなどの装飾がないものをオススメしたいです。
白は紫外線を反射し、黒は紫外線を吸収する色です。
紫外線は、太陽から出ているものですが、地面からも照り返しで反射してきていることをご存じですか?
スキー場では山という高所であることに加え、地面が白いので照り返しもあって、紫外線が強烈なんですね。
白い日傘だと、地面で反射した紫外線をさらに反射して顔に降り注がせてしまうことになります。
ちょうどパラボラアンテナのような役割を果たし、逆に紫外線を集めてしまう結果にもなりかねません。
日射病対策としては白い日傘も有効でしょうが、紫外線対策としてはザルも良いところです。
また、レースなどは飾りで穴が空けられていたりしますので、その部分は紫外線が素通りです。
無意味ではないでしょうが、完璧ではないとお考えください。

小じわ化粧品

肌は紫外線の他に何に弱いでしょうか。それは乾燥です。
夏の紫外線、冬の乾燥と肌は休む暇もありません。
保湿は重要です。皮膚は肉体のバリアとでも言うべき存在ですが、水分が失われると防御力はがた落ちです。
見えないレベルでも表面が毛羽立ったり、ひび割れなどが起きてしまうと、皮膚の内部が痛み始めます。
内部の水分が失われ、ダメージが真皮にまで届いてしまうと致命的なしわが生まれてしまいます。
小じわが生まれたら保湿クリームなどをたっぷり塗り込んでください。
なかなか消えなくても、根気よく続けることが肝要です。
小じわ対策はとにかくスピード勝負です。その段階なら対策はまだ間に合います。
常に注意し、小じわが生まれたらそこを重点的にケアすることで消すことができるのです。

スポンサードリンク

目元の老化による小じわの改善のための美容液について

小じわは目や目の下、目元など、女性にとっては老化が目に見えるので気になるところですよね。その小じわをなんとかしたい!という人のために、その予防や対策、改善の仕方として、美容液などの化粧品などで直せないものかをご紹介していきますので、ご参考にしてみてください。