ガスコンロ 都市ガス

スポンサードリンク

ガスコンロで都市ガス対応のものは、最近になって以前に比べてずいぶんバラエティに富んだ商品が登場しています。
筆者は自宅がオール電化住宅なので直接関わることはありませんが、実家は都市ガスを利用しています。

都市ガス用のガスコンロ

実家のガスコンロに都市ガス対応のもので最新モデルのものを買い換えようと思い、ガス器具のお店に行くと軽い衝撃を受けました。
ちょっと見ない間に、ガスコンロで都市ガス対応のものはずいぶん進化しているんですね。
かつてガスコンロと言えば五徳が2つついていて、中央にグリルといって魚を焼くための引き出しがついているタイプが一般的でした。
ところが、最新のガスコンロで都市ガス対応のものを見てみると、そんなモデルは廉価版ということであえて欲しがる人以外はあまり購入することがないものであることが分かりました。
それでは今のガスコンロはどうなっているのかと言いますと、五徳は3つついているものが普通です。
しかも3つの五徳についているそれぞれのバーナーのうちひとつは強火機能がついており、中華料理のような強い炎が必要になる料理を可能にしています。

ガスコンロ プロパンと都市ガス

従来、ガスコンロは都市ガスを利用している限りはどうしても強火が難しいという“定説”がありました。
都市ガスはプロパンガスのような人工的なガスではなく天然ガスなので、燃焼力が弱いためです。
最近のガスコンロは都市ガスのそういった弱点を克服する技術を備えているようで、とても強い炎がボーボーを燃え上がっていました。

都市ガスのガスコンロ

オール電化住宅によく見られるIHクッキングヒーターという調理器具があります。
これは真平らな平面にヒーターがついており、そこに鍋やフライパンを乗せると熱が起きて調理できるという代物です。
真平らであることによって掃除が大変楽で、雑巾でサッと一度拭くだけできれいになります。
ガスコンロは都市ガス対応のものも、そうでないものも表面が複雑な構造をしているので掃除の際に手が届きにくい部分がどうしても出来てしまいます。
そのため掃除が面倒であったり、完全にきれいに出来ないというジレンマがありました。
最近のガスコンロはガラストップコンロと言って、表面がガラスで平らになっています。
まるでIHクッキングヒーターのようなので、掃除も大変簡単です。
乗せているものの重さによって火力を自動調節する機能や、ガス漏れを防ぐ安全機能など、最近のガスコンロは都市ガスのイメージを一新するほど大変なことになっていたのでした。

スポンサードリンク

都市ガス用とプロパン(lpg)のガスコンロについて

ガスコンロが今、変わってきています。以前は都市ガス用のガスコンロは、プロパンに比べると火力の弱いものでしたが、最近のものは火力が強くなってきたそうです。それらをご紹介しますので、ご興味のある方はご参考にしてみてくださいね。