犬の車椅子

スポンサードリンク

犬は走り回ることに喜びを感じる動物です。
散歩をさせなければ、ストレスで参ってしまうのもそういった現れと言えるでしょう。
しかし、動物である以上、病気やケガと無縁というわけにはいきません。
ネガティブな話ではありますが、大切に育てていても天寿を迎えるまで健康体でいられるとは限らないのです。
飼い犬がもし、足を動かせなくなる、あるいは足自体を失ってしまう事態に陥ってしまったとき、
飼い主であるあなたが、これからをどうするのか決めなくてはならないのです。

犬用の車椅子

私の家の近所には、事故で片前足が切断された犬がいます。
しかし、飼い主さんと一緒にいつもぴょこぴょこ散歩しています。
足が一本ない分、器用にバランスを取って歩いている姿は、痛々しさよりも健気なかわいらしさが目立ちます。
このように不自由な足が1本であれば何とかなる場合もあるでしょうが、
たとえばもし両後ろ足を失ってしまったら、歩くこともままなりません。
こういった場合には、犬用の車椅子を使ってあげるのが良いと思います。

犬用車椅子の作り方

犬用の車椅子は車輪が付いた本体に身体を固定すれば、あとは健康な足を使って進むことが可能になります。
前足を失った場合も、後ろ足を失った場合もそれぞれに対応したものを選べば良いのです。
前足を車椅子に乗せる場合は後ろ足で押し、後ろ足を車椅子に乗せる場合は前足で引っ張ることになります。
もちろん車椅子ですから、健康なときと違って階段などでは飼い主さんの手助けが必要でしょうが、
犬が慣れてくれば散歩も充分にすることができます。

犬の車椅子の作り方

犬の障害が前足だけ、後ろ足だけに発生するとは限りません。
スタンダードな車椅子だけでなく、半身麻痺や、体軸の変形などがある場合など、
それぞれの障害に対応してオーダーメイドで車椅子を作ってくれる業者がありますので、
それらに該当するなら、まずは相談してみると良いでしょう。
もしもあなたの家の犬が障害を負ったら、飼い主であるあなたは悲しんでいる暇はありません。
その後をどうするか、犬は自分では決められず、飼い主に従うしかないのですから。
愛犬にとって必要なケアの手段をできるだけ早く講じてあげてください。

スポンサードリンク

犬用車椅子のモニターキャンペーンなど

あなたの愛犬がもし、事故などにあって足が不自由になってしまった場合、犬用の車椅子がに必要になることがあると思います。ここではその作り方の一部をご紹介しますので、ご参考にしてみてください。