度付きサングラス

スポンサードリンク

視力が低い人にとって、サングラスは使いにくいものです。
というのも、眼鏡と一緒にかけるわけにもいかず、眼鏡を外せばその視力によっては周りがよく見えなくなってしまいます。
コンタクトレンズを使用しているのであれば、上からかけることもできますが、
コンタクトレンズが嫌いな方や、体質的な眼球の事情から使用することができない方は、それもできません。
ちなみに私は視力が0.1ですが、コンタクトレンズがどうしても好きになれません。
眼球に直接レンズを着けるなんて、超怖いからです。

8カーブの度付きサングラス

私の根性無しな話はともかくとして、これはなかなか悩ましい話ではあります。
たとえば、スキーゴーグルや水中ゴーグルなどでも同じことが言えます。
スキーゴーグルは眼鏡装着対応のものがありますからまだしも良いのですが(しかしデザイン選択の幅は確実に狭まります)、
水中ゴーグルやサングラスの問題は切実です。
そういう悩みがおありなら、度付きのものを購入してはいかがでしょうか。
8カーブなどハイカーブの度付きサングラスがよいかもしれません。
山や海など、日差しの強い場所に行く際は是非ともサングラスが欲しいところですが、
視力が低くては眼鏡にかけ直さなくては折角の景色を充分に楽しむことができません。
しかし度付きのサングラスを持っていれば、その悩みも解消されます。

度付きのスポーツサングラス

度付きであれば、眼鏡と同じ使用感覚で大丈夫ですから、使い勝手は非常に良いです。
スポーツ用のものなど、フィット感が重要なタイプもありますのでスポーツ好きの方にも心強いです。
スキーやスノーボードでも、天気が良ければゴーグルでなく、サングラスで充分ですからね。
UVカットがされていないサングラスは最近少ないですが、屋外活動では紫外線対策も重要です。
そういった機能を確認の上、好みのレンズカラーやフレームを選び、
自分の視力補正レベルに合わせたレンズの度付きサングラスを1本持っておくと良いですね。


度付きサングラスを通販で

度付きの欠点は、レンズ代が余分にかかることでしょう。
度付きのオプションを付けた場合、サングラスの通常価格に5000〜10000円くらいプラスになるものが多いようです。
こればかりはどうしようもないので、度付きにすることのメリットと価格を天秤にかけて、
自分が納得できるのであれば、購入するという形にするのが良いと思います。
もし購入に前向きであるなら、眼鏡販売店で相談してみるのも良いでしょうし、
度付きのサングラスやゴーグル専門のショップが存在しますので、インターネットの通販で探してみるのも良いでしょう。
『度付き、サングラス』などと打ち込めば、すぐに出てきますよ。

スポンサードリンク

度付きの偏光スポーツサングラスを神戸で

度付きのサングラスは視力の低い人のために考えられたサングラスです。特に、スポーツする人には偏光などを考えた、8カーブやハイカーブのものがよいとされています。また、この度付きのサングラスは通販などでも買えますので、ご興味のある方はご購入のご参考にしてみてください。