電子マネーの種類

スポンサードリンク

支払いを簡便にする電子マネーは現在、急速に普及が進んでいます。
専用のICカードを用いるものや、携帯電話を介して使用するものなど種類も形態も様々です。
プリペイドカードは仮想マネーと呼ばれ、これもまた広義の電子マネーと考えられます。
最近はインターネットの普及が進んだため、インターネットの決済にウェブマネーのような
プリペイドカードが用いられる機会が増えました。
ウェブマネーは店舗でカードを購入し、そこに記載されているIDナンバーを入力することで、
ネット上で決済することができるものです。
ウェブマネーの他に、任天堂のWiiで使用するWiiポイント、マイクロソフトのXbox360で使用するマイクロソフトポイントなど、
多くの種類があり、仮想マネーはゲーム分野での普及がめざましいです。

電子マネー Suicaなど

それに対して電子マネーで一番普及率が高いのはやはり、鉄道系です。
首都圏ではSuicaの普及率が50%を超えており、2人に1人は持っている計算になります。
これに追随するのがPASMOで、新興ながらこれも20%を超えています。
複数種類のカードを持ち歩く方も多くいらっしゃいますのでこの普及率は重複する部分もありますが、
それにしても大きな数字です。
PASMOの導入によりSuicaが私鉄でも利用できるようになったため、鉄道系電子マネーは成熟した状態にあります。
また、近畿・関西地方ではICCOCAが有名です。
私もSuicaをメインに使うようになって、電車の運賃表を見る機会がかなり減りました。
初めて行く駅であってもストレスフリーの入退場ができるため、利便性が極めて高いのが特徴です。

電子マネー IDなど

その他で有名な電子マネーの種類としてはEdy、iD、nanacoなどがあります。
これらはプリペイド型とポストペイ型の2種類に大きく分類することができます。
前者はプリペイドカードなどと同じように、現金を事前にチャージすることで、
チャージした分だけ買い物に利用できるというものです。
後者は後払い式で、使った分だけ事前に登録してあるクレジットカードの決済に上乗せされて請求されます。
例に挙げた中では、Edy、nanacoがプリペイド型、iDがポストペイ型になります。
Edyは日本最初の電子マネーであり、発行枚数やプリペイド型としての利用可能店舗数は最大を誇ります。
利用可能店舗数というのは、利便性に直結しますので重要な要素です。
nanacoは2007年に始まった、セブンイレブンの電子マネーです。
nanaco導入により客単価(1人あたりの購入金額)が大きく上昇したという情報もあり、
電子マネーの販売促進効果を知らしめました。

電子マネーでお得

電子マネーの多くは認証などがなどがないため、紛失のときの損失が大きいのがデメリットと言えるでしょう。
どこかで落としてしまえば、誰か別の人に使われてしまう危険があるのですが、
プリペイド型であればチャージした金額以上の被害は発生し得ませんので、
フェールセーフという観点からすれば少額ずつチャージして使用するのが、賢い使い方ではないかと思います。
それでも、金銭授受の手間が減るというのは、労力的な面のメリットももちろんですが、
時間的なメリットも積み重なれば大きいものになります。
高速道路のETC然り、電子マネーは混雑解消の効果も期待されており、今後も広まっていくことでしょう。

スポンサードリンク

電子マネーedyなどのお得情報

今では電子マネーの種類はたくさんあり、それぞれお得な情報があります。人気の電子マネーは、セブンイレブンやローソンなどのコンビ二系やSuicaなどの鉄道系、IDやedyなどがあります。ご興味のある方は、ご参考にしてみてください。