防水テレビをお風呂に

スポンサードリンク

お風呂でテレビを見たいと思ったことはないでしょうか。
特に半身浴の長風呂が好きな方などは、1時間くらい入ってらっしゃる場合もありますし、
何かに使うことができそうな時間でもあります。
本だとどうしても水濡れは怖いですし、なかなか有効な時間の使い方は思い付かないものです。
そんなとき防水テレビがあれば、浴室内でも安心して使えますし、時間つぶしとしては最適なのではないでしょうか。

防水テレビの地上デジタル

防水テレビにも種類はいろいろとあります。
アナログテレビ型、地上デジタルテレビ型、ワンセグ型、DVDプレイヤー機能付きなどです。
注意すべきはアナログテレビ型で、2011年以降は何も映らなくなってしまうため、現在は順次生産が終了しています。
よほどの激安販売をしているのでなければ、もったいないので注意してください。
地デジタイプであれば、アナログ停波後も使用出来ますし、クリアな映像と音声が楽しめます。
ただし、どうしても高額になりがちで、ポータブルタイプは見かけません。
するとアンテナ線を引き込むための浴室工事が必要になり、費用は10〜20万円とかなり本格的な出費です。
小型の地デジタイプは有線であれば6万円程度で購入できますので、浴室に同軸ケーブルを引き込むのが嫌でなければ、
こちらが良いでしょう。

ワンセグ 防水テレビ

そんな中、手軽なのはやはりワンセグ型です。
ワンセグ型は防水テレビでは、主流と言えるかもしれません。
DVDプレイヤー機能付きでも4万円程度で購入できますので、安価なのも特長です。
当然ワイヤレスでの使用が前提となりますので、お風呂以外に外出先でも使用できてとても便利ですが、
お風呂場で使用する場合は、購入前にお風呂場の電波状況を確認しておいた方が良いでしょう。
携帯電話などのワンセグ放送が綺麗に受信できるかどうかが問題なので、
携帯の電波が入るからと言ってワンセグも大丈夫というわけではない点に注意しましょう。
ただし、お風呂場は基本的に窓に面した場所にあるものなので、受信条件としてはそう悪くないはずです。
受信が困難な場合に備えて、外部アンテナなどが付属する製品もあるので、
不安があるのであれば購入前に確認すると良いでしょう。

防水テレビ ワイヤレス

どのタイプの防水テレビにもメリットデメリットがあります。
迷いがある方には、ツインバード工業の防水ワイヤレスモニターをオススメします。
これは映像機器と送信機を接続し、送信機から無線通信で映像を防水のモニターに映し出すというものです。
地デジの映像をワイヤレスで映すことはもちろん、送信機をDVDプレイヤーに繋げばDVDを見ることもできます。
ビデオやハードディスクレコーダーなどで録画した画像を映すこともできますので、
録り溜めた番組を効率よく見ることができますね。
厳密には防水テレビではありませんが、この自由度の高さはまさに万能型と言えます。
それでいて、5〜6万円程度で購入できますので、防水テレビの相場から外れません。
ただし、単独ではテレビを見ることもできませんので、ワンセグ型のように外で使用することができません。
これが欠点と言えば欠点ですが、家の中で使用する分にはこれ以上に便利なタイプもありません。
どのタイプを選ぶにしても、購入すればお風呂ライフの充実に一役買ってくれることでしょう。

スポンサードリンク

ツインバート、パナソニック、カシオなどの防水テレビや激安情報

防水テレビがあればお風呂でテレビを楽しむことができますね。最近の防水テレビには、地上デジタル、ワンセグ、ワイヤレス機能が付いていたりします。メーカーでは、ツインバート、パナソニック、カシオがあり、激安で販売されていたりもしますので、ご興味のある方はご参考にしてみてください。